院長あいさつ



杏林大学で医学を学んだ自分…。

【杏林】の意味

『〔廬山(ろざん)の仙人董奉(とうほう)が、人を治療しても礼金を取らず、治った者に記念としてアンズの木を植えさせたところ、数年にしてアンズの林ができたという「神仙伝」の故事から〕 医者の美称。』

この意味を知ったとき、地元群馬の自分が生まれ育った故郷にアンズの林を作りたいと思いました。 

院長イラスト
同業者(医療従事者)が来たいと思うクリニック、大事な家族を連れて行きたいと思うクリニックを常に目指し、 都会から離れたここ群馬県太田市に田舎の三ツ星レストラン【剣持整形外科クリニック】があると言われるように…

最先端とは言えないまでも、ワールドスタンダードの治療方針と時代に沿った治療を患者様の為にご提供出来るよう努めています。

私の専門は膝です。

大學病院はじめ、勤務医時代は、スポーツ膝班に属して、もっぱら、膝関節鏡手術に明け暮れました。
聖隷浜松病院時代には、スポーツ選手達の関節鏡手術を行う一方、手の外科の大御所にも師事し、手指の再接着等手の外科の外傷にも明け暮れました。
以後、膝の関節鏡、手指のマイクロ手術も行える医師として重宝がられました(手先がずば抜けて器用なだけだったのかもしれませんが。。。)。執筆論文もそこそこ頑張ってきました。

KOSSMOS会の由来


Kenmochi Orthopaedic Surgery,Sports Medicine, the Organization of Sport の略。

KOSMOS会ロゴマーク

KOSSMOS会のマーク

陰陽を表しています。
扇のように拡がる誰もが心から安心して、自分を任せられるような開かれた医療機関とスポーツをとおして、皆が元気に笑顔で、エネルギーに満ち溢れるようになるコミュニティーが形成出来ることを願って、院長自らデザインしました。
剣持整形外科ロゴマーク

剣持整形外科のマーク

院長の家紋である三つ扇をモチーフに、3つの扇で心技体の錬成を目指し、医師、スタッフ、患者さんの三者が協力し合えるような当院のチームサポート力を表します。全体で3つの重なるKの文字をかたどっています。カラーはトリアージタグの順番になっています。

院長プロフィール

院長写真

医療法人KOSSMOS会 理事長
医学博士剣持 雅彦

資格・認定医


  • 日本整形外科学会認定専門医
  • 日本整形外科学会スポーツ医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本整形外科学会リハビリ医

所属学会


  • 日本整形外科学会
  • 日本スポーツ整形外科学会
  • 日本臨床整形外科学会
  • 日本整形外科超音波学会
  • 日本小児整形外科学会
  • 日本再生医療学会
  • JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
  • ISAKOS(国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 active member)
  • ESSKA(欧州スポーツ外傷・膝・関節鏡学会)

スポーツ歴


中学時代は柔道部、高校時代はビリヤード部?(遊ぶ)、大学時代は競技スキー部。
スポーツ歴 ゴルフ、スキー、スキューバダイビング、柔道、フットサル、乗馬。
スポーツに対する理念「ダイナミックにストレス発散!」がモットー。
元スキーオリンピック代表、ワールドカップ選手の岡部哲也氏とは公私ともに懇意にしており、毎年軽井沢で行われる岡部哲也氏主催のスキー大会のメディカルサポートを行っている。
岡部哲也スキースクール「neve」 http://snowdreamer.jp/school/

原著論文(主著者のみ)


  • 環指基節骨部に発生したjuxtacortical chondromaの1例.関東整災誌:172-76,1998.
  • 腰椎インスツルメンテーション手術後のMRSA 感染の1例.日本骨・関節感染症研究会雑誌.12,25-8,1998.
  • 小児期に大腿骨の脚延長を行い変形、脚長差を残した2例の長期経過.日小整会誌.9(1):6-10,2000.
  • 観血的骨整復術を要した小児上腕骨顆上骨折の治療経過例.骨折.22(2):542-5,2000.
  • 踵骨関節内骨折に対する治療.骨折.25(2):505-9,2003.
  • 小児上腕骨顆上骨折の骨折型と治療方針.骨・関節・靱帯.16(9):1129-39,Sep 2003.
  • 小児上腕骨顆上骨折の骨折型と治療法の検討. 日小整会誌.13(2):174-8,Jun 2004.
  • 脛骨顆間隆起骨折の治療経験.膝.30(2):221-4,2005.
  • A new classification of anterior talofibular ligament injuries based on ultrasonography findings. J Orthop Sci. 2016 Nov;21(6):770-778. doi: 10.1016/j.jos.2016.06.011. Epub 2016 Jul 18.
  • Association between reduced trunk flexibility in children and lumbar stress fractures. Journal of Orthopaedics.2018 March;15(1):122–127
  • The use of platelet-rich fibrin with platelet-rich plasma support meniscal repair surgery.Journal of Orthopaedics June 2018;15(2):711-720

略歴


1969年 生誕。太田東小学校・木崎小学校・太田北中学校・太田高校を経て
1996年 杏林大学医学部卒業
1996年 杏林大学病院整形外科学教室入局
以後、関連病院(目白第二病院・小山記念病院・聖隷浜松病院・武蔵野赤十字病院)で修行を積む
2007年 剣持整形外科・Kスポーツクリニックを開設