治療のご案内

ワールドスタンダードの治療方針と時代に沿った治療を患者様の為にご提供出来るよう努めています。

膝半月板縫合について

膝には、膝の軟骨を保護するクッションの目的を持つ、半月板というものが膝の内側と外側にあります。激しい運動や、外傷、加齢とともに、この半月板は傷んできますが、運動量も加齢とともに減ってくるので、それほど日常生活に支障はきたさないで生活を送っています。しかし、中には、この半月板を損傷することによって、日常生活や、部活動、スポーツ活動に支障をきたし、悩んでいる方も多くおられるようです。

現在は、SAVE THE MENISCUSの名の元、半月板を温存することが最先端かつ、最も良い治療と考えられています。半月板の再生を求めて日々研究も行われております。

当院では、半月板修復の際に、従来用いられてきたフィブリンクロットという(血餅)を使用して損傷部位の半月板修復治癒促進を期待してきましたが、このフィブリンクロットは再生医療安全性確保に関する法律の適応除外となったことから、より安全性の確保された、また、より成長因子等を多く含む事実が世界中で報告され始めている第2世代のPRPと言われているPRFという血液加工物を用いて、半月板損傷の治療を行なっております。そのために、当院は再生医療新法に則った治療を施行するための施設基準及び第2種の再生医療施行の許認可を受けております。

当院では全ての手技を新たに切開を加えたりすることなく、関節鏡視下にて行うことが可能ですので、より侵襲の小さな手術となります。

全ての手術は基本的に日帰りで行われます。

膝半月板縫合